勃起不全など性生活の向上、うつ・肥満・糖尿病などの男の生活向上に役立つ男のためのサイト

早漏の定義と治療法・早漏は怖くない!


【早漏の定義】

早漏とは膣内挿入後30秒以内、1分半以内あるいは2分以内にオーガズムに達する、すなわち射精してしまうことなどと、時間を基準とする定義もあれば、性交の際のピストン運動が10回以内に射精してしまうことと、性交運動の回数を基準とする定義もあります。


一方、時間や回数が重要な問題ではなく、射精反射のコントロールがうまく出来ない状態が早漏であるとの定義もあります。


最近の早漏に関する研究によれば、18歳から25歳の健康男性29名を対象とし、同一女性の手指による陰茎に対する刺激の開始から射精までの時間を測定したところ、平均156・5±80・7秒(45から470秒)であったと報告されています。


このように、実際は一般に考えられているより短い時間で射精に至るものなのです。



【射精は交感神経が支配してる】

人間には、交感神経と副交感神経の2種類の神経があります。


交感神経は、一言で言うなら、「活動の神経」。敵やピンチに出会ったときに発動する。

意識は張り巡らされ、消化の活動は抑えられます。

セックスの時は交感神経の働きが強くなることで、射精が起こります。

副交感神経は、「リラックスの神経」。心は落ち着き、消化活動は活発になり、睡眠に入りやすくなります。

セックスの時は副交感神経の働きが強くなることで、勃起が起こります。

勃起のメカニズムはこちら

平静時には、交感神経系のシグナルと副交感神経系のシグナルの両方が互いに作用し、ペニスは萎縮と勃起の中間の状態にあります。



【早漏の原因は自律神経のバランス異状】

セックスの時は、まず副交感神経が優位に立って、勃起を促します。

そうセックスにはまず副交感神経の働きが強くならなくてはいけません。

そして十分にセックスを満喫した後に射精です。この時に副交感神経から、交感神経にスイッチが切り替わります。

そして射精します。

しかし、このスイッチが早く切り替わってしまって、交感神経が優位になり、射精命令が出たら・・・。

そう、これが早漏なのです。

なぜ、こんな現象が起こってしまうのでしょうか?その多くの原因がストレスです。セックスは通常、夜の営みです。

昼間は活動の神経である「交感神経」が優位に立っていますが、夜になるとリラックスの神経である「副交感神経」が優位に立たなくてはいけません。

しかし、ストレスなどによって昼間の神経を、夜まで引きずってしまっているのです。

この自律神経のアンバランスが「勃起不全」や「早漏」を引き起こしています。


【早漏の治療法】

上記の説明を読まれた賢い「早漏諸君」は、もうお分かりだと思いますが、自律神経のアンバランスを正常にすれば、勃起不全も早漏も回復し、「男の復活」ができるのです。


早漏改善の基本セット


オットジンク
詳しい情報はこちら



オイスターZ(200錠)
詳しい情報はこちら
早漏改善スペシャルセット    税込価格:24,624円  メンバー価格:22,161円



Copyright(C) 2002, VISERA, Inc. All Rights Reserved.